ABOUT

iRie は、オトナもコドモも、もっと自由に楽しく、

学び、働き、生きられる社会を目指して活動する任意団体です。

【新たな学び、出会い、発見の環境としくみをデザインします】

本来、人は好きなことや学びたいことしか学べない、

という “学び” の本質にもとづき、

従来の教育や社会の枠にとらわれない、

もっと自由で楽しい方法を実際に体験してみることで

 あなたの世界が広がり、意識と行動が変わるきっかけがうまれます。

  「ひとりひとりの可能性を最大限に発揮できる社会」

  「それぞれが幸せを感じながら生きられる社会」

  「自分と相手を認め合い、お互いを活かし合える社会」

そのような世界の実現を目指して、

 様々な提案と体験をお届けするために、iRie(アイリー)をつくりました。

 

iRieについて

アイリーとは、パトワ語で、
ありのまま・嬉しい・楽しい・幸せ・みんなとしゃべっている時・自然とたわむれている時・サイコーなど、すべての「良い」という意味をもつ。

コンセプトは、”楽しむスピリット “を日本の文化に! 
学びや仕事は人生の一部で、人生を楽しむためには、学びも仕事も楽しむ、という
マインドと文化が日本に定着すると良いな、という思いが込められています。

大事にしていることは、【好奇心】
こどもの頃は自然と好奇心をもっていたと思いますが、大人になっても持ち続けることで常に新たな気づきを得られます。
好奇心をもち、楽しむことでまず好きになると、学びと成長のスピードは飛躍的にアップします。

コミュニケーション x 表現 + 何かを創り出す時間 を共有する多様なプログラムを、『iRieタイム』として、個人と企業のみなさまに提供しています。

 

『iRieタイム』って何?

アイリータイムとは、ちょっとだけ日常から離れてリラックスした空間で、
《書く》《読む》《話す》+《アート》を通して、words
自分の感情と考えをふりかえり、自分の無限の可能性や自分らしさに気づく時間。
好奇心をもってものごとに深く取り組み、探求することができる時間。

自由な表現、多様な視点、異なる価値観を共有し、
対話をする中で新しい気づきを得ながらお互いに磨き合える場所。

〜いつでもどこでも『iRieタイム』〜
あなたが、ありのままで、嬉しい・楽しい・幸せと感じられる状態のアイリータイムが
家庭でも、学校でも、職場でも持てるようになってほしいと願っています。

 

『iRieタイム』で実施しているプログラム

アイリータイムでは、元々、アメリカやオーストラリアの教育現場で、こどもたちの学ぶ力を高め、
主体的な学び手/自立した市民を育てるために始まったムーブメントの中から生まれたワークショップを対象に合わせてデザインし、実施しています。
楽しく・ワクワクしながら、子どもも大人も、教師や親、社会も成長できる!を実践するプログラムです。

①「Writing Workshop」(書く)t1

書くことを通して、自己理解/他者理解を促進するワークショップです。
自分の中に眠っている ”ありのまま” を呼びおこし、書きおこし、シェアすることで、
互いに価値観を理解し、高め合うことの楽しさを体験できます。

  

②「Reading Workshop」(読む)t2

読むことを通して、人との ”つながり” を築き深めるワークショップです。
ひとりでの読書や読み聞かせだけが本の読み方ではありません。
楽しみながら仲間たちの、そして自分自身の多様な価値観や新たな一面と出会うきっかけを提供します。


③「PhotoLanguage」(みる)t3

集団の中で、個人の考えや感情を表現するのに効果的なワークショップです。
見る人の想像力をかき立てたり、記憶を呼び覚ましたり、感情を刺激したりする写真の効果を利用して、
写真が扱う対象だけでなく、自分自身や他の人々への理解を深めることができます。
言語コミュニケーションの一種であるという意味で「フォトランゲージ」と呼ばれています。

 

プログラムの効果

コミュニケーションにおける書く・読む・話すことの無限大の可能性を体感し、
考えるチカラ、社会人基礎力、EQ/ライフスキル、PDCAサイクルなども自然と身につきます。

アートを通じて日常に埋もれて見えなくなっていたことを ”感じる” 感性と、感じたことを ”表現する” 表現力を磨き、
その楽しさを体感しながら、多様な視点をもって失敗を恐れずチャレンジする精神を学ぶことができます。